HOME>アーカイブ>割安な費用で現場での荷降ろし効率を大きく改善

割安な価格で導入できる

クレーン

現場で必要になる重機の一つにクレーン車があります。クレーン車は重いものを軽々と吊り上げることができ、重量物の資材を扱うことが多い現場に欠かせません。しかし車両としての規模も大きいため価格が高く、中小企業にとってはかなりの負担です。そこでオススメなのが中古クレーンです。これは新品の車両ではなく他の誰かが一度使って手放したもののことで、中古であることから車両価格が割引されているのが特徴です。そのため新車では費用がかかりすぎると考えるような場合でも、中古クレーンならば導入しやすいというメリットがあります。中古といってもしっかりとメンテナンスが行われているため、品質面で安心できるのも大きな利点です。

購入前には十分な比較を

クレーン

割安で購入できる中古クレーンですが、何も考えずに購入してしまうと無駄な買い物にもなりかねません。事前によく比較して購入するようにすると良い車両を見つけることができます。そこでまずは製造されてからどれぐらいの期間が経っているのかを確認し、さらに何人の所有者の手に渡ってきたのかをチェックしておきます。あまりに製造されてから期間が経っているものは古いためできるだけ避けた方が良いでしょう。また過去の所有者についても少ない方が品質が良いと考えて良さそうです。

用途にあった性能を持っているかを重視

クレーン

使うシーンに合っているかどうかも中古クレーンの選び方で重要なポイントです。例えばかなりの重量物を現場で扱うのにもかかわらず、本体が小型の車両では持ち上げることができません。中古クレーンは車両によってそれぞれ持ち上げることが出来る性能が決まっているので、そこを確認した上で現場での使用に適しているか判断するようにしてください。もう一つはメンテナンスが行き届いているかどうかです。これは業者によって異なるため、整備手帳や実際の車両の状況を確認して決めることをおすすめします。

広告募集中